1. ぼくらの青春!ニンテンドーDS思い出リスト

  2. ニンテンドーDS

  3. ニンテンドーDS Lite

  4. ニンテンドーDSi

AD

    ぼくらの青春!ニンテンドーDS思い出リスト

    青春時代に欠かせなかったニンテンドーDS。みんなとのコミュニケーションはこのDSのおかげといっても過言ではない。

    ゲームばかりやって成績が落ちるということもなく、今はゲーム会社に就職できたのも、クリスマスにDSをもらうことができたからだ。

    DSが発売されたときの衝撃と、感動を今一度見てみましょう。

    ニンテンドーDS

    ニンテンドーDS(ニンテンドーディーエス、Nintendo DS)は、任天堂が開発し2004年から世界各国で発売した携帯型ゲーム機。略称は「DS」。画面を2つ持つことや、タッチスクリーン、マイクによる音声入力などのユーザインターフェースを特徴とする。

    その機能を利用した『Touch! Generations』という一連のシリーズを発売した。その理由としては、2004年までのテレビゲーム業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って映画的表現の傾向が強まるなど全体的にゲームが画一的、マンネリ化状態に陥っており、ゲーム人口も減少傾向にあったため、それを打開することが焦眉の急になっていたことが挙げられる。

    ニンテンドーDSはその傾向に歯止めをかけ、タッチスクリーン、音声認識などの斬新な操作方法でゲーム人口の拡大を進め、新たな層の獲得にも成功した。さらに、単なるゲーム機ではなく「所有者の生活を豊かにするマシン」を目指すと述べた。

    かつてはマスコミでゲーム脳などテレビゲームのネガティブキャンペーンが行われていたが、任天堂が進めたゲーム人口の拡大によって、教育や教材への活用 や、Wiiの誕生にも影響を与えるなど、DSが果たした役割は大きい。

    2010年3月に日本国内の累計販売台数が3000万台を突破し、2011年現在、全世界での累計販売台数は1億4000万台以上に及ぶ。

    "DS"という名前

    "DS"とは"Dual Screen"の略で、折りたたみ式の本体の両側に「2つの液晶画面を持っている」という意味がある。"Double Screen"の略と言われることもあった。またニンテンドーDSが最初に発表されたE3 2004では "Developers' System"(開発者のためのシステム)という意味も示された。 開発コードは「Nitro」(ニトロ)。そのことから本体ならびに関連製品の品番には「NTR」が付けられている。ゲームボーイアドバンスの後継機としての構想時のコードネームは「アイリス」である。

    当初「DS」はあくまで仮称とされていたが、後に正式名称となる。

    デザイン

    外見はかつての同社のゲーム機『ゲーム&ウオッチ マルチスクリーン』を彷彿とさせる。下側の液晶画面はタッチスクリーンになっている他、マイクが付き、ボタンもゲームボーイアドバンスと同様の物に加えXYボタンが追加されるなど、インターフェイス面で数多くの特徴を持つ。

    互換性

    ゲームボーイアドバンスのCPUに使われているARM7TDMIをサブCPUとして搭載することで、ゲームボーイアドバンス用ソフトとの互換性を実現している。それまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサは搭載しておらず、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー用のソフトが使用できない。そのため、ゲームボーイアドバンスカートリッジスロットの内部には突起があり、ゲームボーイカラー以前のカートリッジを物理的に挿入できない構造になっている。

    また、ゲームボーイアドバンスにあった通信コネクタが装備されておらず、ゲームボーイアドバンス用ソフトの通信機能を使うことができない。同様に、ゲームボーイアドバンス用の周辺機器も基本的に使用できない。DSのワイヤレス通信は、ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタとの通信規格が異なり、アドバンス用ソフトのワイヤレスプレイも不可能となる。

    ライセンス商品では、充電端子に接続するゲームボーイアドバンスSP用のACアダプタとヘッドホン変換プラグ、そしてゲームボーイアドバンススロットに挿入する『PLAY-YAN micro』や『プレイやん』、『カードeリーダー(旧型)』のみが使用可能。DS Liteのみ『カードeリーダー+』を使用できるが、通信機能は使えない。ニンテンドーDS本体に通常のヘッドホン端子があるので、ニンテンドーDSのACアダプタ用端子にゲームボーイアドバンスSP用変換プラグ経由で接続したヘッドホンと併用が可能。説明書にも「本体にヘッドホンのプラグが上手く刺さらない場合は、ゲームボーイアドバンスSP用変換プラグを使用するように」と記載されている。変換プラグとDS本体のヘッドフォン端子へ同時接続しても、多少音量が小さくなるが音は出せる。

    なお、後述の後継モデルだとACアダプタのプラグ形状が異なるので、その端子を用いる機器の使用が不可能となる。

    サービス一覧

    DSvision

    「DSvision」は、インターネット経由で、ニンテンドーDS及びニンテンドーDS Liteの端末に、コミック、書籍、情報誌などの出版物、およびアニメ、映画、ドラマなどの映像、音楽などのコンテンツをダウンロードできるサービス。

    http://www.dsvision.jp/

    専用のmicroSDと、microSDを格納してDSで読み込めるようにするDSカード型専用アダプタ、専用microSDをパソコンに接続するための USBリーダーライターが必要となる。開発には任天堂の協力も仰ぎ、ニンテンドーDSに正式対応している。

    am3はゲームボーイアドバンスをプラットフォームとした動画販売システム「アドバンスムービー」、「アドバンスガシャポン」を展開してきた経緯がある。「アドバンスムービー」は専用スマートメディアでのコンテンツ提供だったが、時代の流れとともに、ネットワークとmicroSDを連携させたサービスへと進化させた格好となる。

     なお、この専用アダプター、専用microSD(512MB)、USBリーダーライターのセットを、2008年1月より、3,980円でテスト販売する予定。このセットには、microSDにあらかじめコンテンツが格納された状態で販売されるという。

    大日本印刷株式会社がam3に筆頭株主として資本参加する。

    2008年1月より販売される予定であった「DSvision microSD(512MB)」、「MicroSD USBリーダ/ライター」、「DSvisionアダプタ」のセットを利用し、2008年6月28日に開設予定のPC用サイト「DSvision メガストア」で購入したコンテンツを閲覧することが出来る。購入したコンテンツは専用のPCソフト、「DSvisionコンテンツラック」で管理を行う。

    同サービスで提供されるコンテンツに関する内容審査は任天堂ではなく、am3が任天堂に変わって執り行う予定となっている。

    元々2008年3月よりサービス開始予定であったが、2008年1月31日にはテスト販売の中止が発表され、2月28日にはサービス開始の延期が発表された。原因についてam3はハードウェア機能の強化による供給時期の変更と説明している。

    更に、4月から開始を予定していたが、4月30日にさらなる延期が発表され、その際に「DSvisionフルセット・パッケージ フォトみーる付」が3980円で販売されることが発表された。

    なお、DSvisionは任天堂の登録商標となっている。

    DSvision microSD
    DSvision用の専用microSDカード。著作権保護機能を強化してあり、アドバンスムービー専用スマートメディア同様、通常のmicroSDカードとしても使用可能となっているが、コンテンツ利用には専用microSDカードが必要。
    MicroSD USBリーダ/ライター
    DSviion専用のmicroSD専用カードリーダ/ライター
    DSvisionアダプタ
    NINTENDO DSカード型のアダプタ。専用micoSDカードを差し込み、DSで使用する。開発には任天堂が協力を行っている。
    DSviion メガストア
    DSvisionのコンテンツを配信するための専用サイト。
    DSvisionコンテンツラック
    DSvisionのコンテンツを管理するためのPCソフト。
    人気ソフト一覧

    大日本印刷

    本社は東京都新宿区市谷加賀町。

    ライバルは凸版印刷であるが、連結売上高・利益だけでなく財務内容においても優位性を保っている。

    1876年(明治9年)の創業以来の印刷技術と情報技術を強みとして、1950年代より他分野進出を図り、建材分野へ進出したのに始って、情報産業や生活産業のほか、ディスプレイや電子デバイスなどのエレクトロニクス分野にも進出し、世界シェアになっている製品もある。最近では、環境、エネルギー、ライフサイエンス分野にも事業を拡大している。

    拠点は日本を中心にアメリカ全土やロンドン、パリ、オランダ、上海、台湾、シンガポール、シドニーなど全世界に広がる。

    現在、拠点である市谷地区を再開発中。 地上125mの高層棟と27mの低層棟に、企画開発、営業、本社機能などを集約し、既存の市谷工場は環境に優しい印刷工場へ進化させる。その他、体育施設や文化施設などの建設を予定している。 さらに、これら諸施設の周囲には、緑地「市谷の森」を整備するなど、周辺の景観と環境に配慮しつつ、地域と調和した開発を進めている。 2009年(平成21年)から工事に着手し、2017年(平成29年)の完成を目指している。

    主な事業部門と製品

    • 情報コミュニケーション部門 - 教科書、一般書籍、週刊・月刊・季刊等の雑誌類、広告宣伝物、有価証券類、事務用帳票類、カード類、事務用機器及びシステム、店舗及び広告宣伝媒体の企画、設計、施工、監理、教育・出版流通事業など
    • 生活・産業部門 - 容器及び包装資材、包装用機器及びシステム、建築内外装資材、写真用資材、産業資材など
    • エレクトロニクス部門 - リードフレーム、フォトマスク、液晶ディスプレイ用カラーフィルターなど
    • 清涼飲料部門 - 炭酸飲料、非炭酸飲料など

    一般生活者向けの主なウェブコンテンツ

    • honto - 電子書籍と紙の書籍、両方を販売するハイブリッド型総合書店。
    • ビーケーワン - オンライン書店
    • よみっち - ケータイ小説配信サイト
    • ウェブの書斎 - オンデマンド本販売サイト
    • 週刊ANIGE -携帯電話向け少女マンガ配信サイト
    • Dsvision.jp - ニンテンドーDSで楽しめるコミック、書籍、アニメ、映画、ドラマ、音楽などのコンテンツ配信サイト。
    • DreamPages - フォトブック、フォトアルバム、写真集の作成サイト。
    • オトナ女子部 - 20代女性を中心ターゲットとしたライフスタイル提案型Webプラットフォーム。
    • エルネ - インターネット無料ポイントサービス。
    • エルネパーク - Twitterでのつぶやきからフェアトレードを応援。
    • オリコミーオ - インターネットチラシサイト。
    • アートスケープ - オンライン・アートマガジン。
    • ルーヴル – DNP ミュージアムラボ - ルーヴル美術館とDNPによる美術作品の新しい鑑賞方法を提案する共同プロジェクト。観覧予約も。
    • メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス - フランスの美術館・博物館を紹介するサイト。
    • DNP文化振興財団 - ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)/dddギャラリー/現代グラフィック・アートセンター(CCGA)の紹介。
    • FOTOLUSIO - セルフプリント機プリントラッシュの設置場所検索など。
    • 丸善&ジュンク堂書店 - 丸善、ジュンク堂書店の店舗案内、在庫検索など。
    • 文教堂書店 - 文教堂書店の店舗案内、リアルタイムランキングなど。
    • 宇津峰カントリークラブ - クラブ概要、予約案内など。
    Copyright (C) 2012 dsvision.jp All Rights Reserved.